ライン

マニュファクチュアリングセンター

ライン

案内

金属材料加工用の各種工作機械を備えた機械工場です.
ここでは機械工学科、システムデザイン工学科の実験、実習と卒論、修論の研究に必要な実験装置、試験片等の制作のサポートをしております.
工場の設備は理工学部4年生以上なら,どなたでも利用できます.
初めて利用する方や加工手順に不確かな方は事前にスタッフに相談してください.また,春学期,秋学期の始まりにはフライス盤,ボール盤等の講習会も行っております.
装置や部品をつくる必要があり,機械工作に不慣れな方は受講することをお勧めいたします.

部屋 一覧

一階 34-121 工作機械室

このセンターは、以下の複合加工機、汎用加工機が設置されています。
汎用  ・ボール盤
    ・フライス盤
    ・旋盤
    ・NCフライス盤 マキノ KE-55
複合  ・ヤマザキマザック INTEGRE i-100
    ・オークマ MB-4000H
    ・DMG MORI HMV1500DCG
    ・三菱 MV2400S
    ・ソデック LP20EH2
    ・中村留 Super NTY3
    ・スギノマシン VARUNA

サンプル画像

二階 34-221 試作試験室 

サンプル画像

試作機械  3Dプリンター 
3D CADで形状を作成し、3Dプリンターにデータをアップロードすると、樹脂で作成した形状が製作されます。

レーザー加工機
レーザーによってアクリルなどに彫刻・切断・穴あけ・マーキング加工を行うことができます。
利用の際はマニュファクチュアリングセンター受付にて予約が必要です。

                 

各種機械使用マニュアル

                    

・ボール盤使用マニュアル

    

・NCフライス盤使用マニュアル

    

・フライス盤使用マニュアル

Copyright (C) Keio University EESC. All Rights Reserved.