*** 服装 ***

機械は大きな動力で回転しているものが多い。
巻き込まれや切り屑等による火傷、創傷防止ために下記の事項を守ってください。

1.作業服を着ること。袖口が絞まり、裾のぱたぱたしないもの。短パン禁止
2.安全靴が望ましい。サンダル、ハイヒール禁止
3.保護めがねを使用すること
4.手袋は必要とされる以外、禁止。朱にボール盤作業は軍手厳禁
5.長髪はゴム紐等で後ろに束ねる

*** 図面 ***

図面は設計者と加工者のコミュニケーション手段です。分かりやすく、正しい図面なら言葉はいりません。加工手順の相談も図面があるとスムーズになります。図面がないと考えながら加工するので、危険でもあるし、作業時間も徒に長くなります。機械製図に不慣れでも以下のことに注意して図面を描きましょう。

1. 図面を描くこと。考えがまとまるだけでなく、記録になります。
2. 第三角法で描くこと。
3. 線の種類と太さを区別して描くこと。図面が読みやすくなります。

外形線

太い実線

0.8mm程度

寸法線

細い実線

0.4mm程度(外形線の半分)

中心線

一点鎖線

0.4mm程度

かくれ線

破線

0.4mm程度


4. CADもしくは描画ソフトで描くのが望ましいですが、鉛筆等のフリーハンドでも構いません。
5. それでも製図の苦手な方、ポンチ絵で結構です。紙に絵を描きましょう。身振り、手振りの話より具体的になります。


Designed by CSS.Design Sample