化学実験

Basic Chemistry Course in Laboratory Science for freshman

 

 自然科学実験化学編は化学系の学科に進む者はもとより,その他の学科を目指すものにとっても将来役立つと思われる化学的思考などを,実験を通じて学ぶことを主眼と
している。

 内容は「物を作る実験」と「物の性質を調べる実験」を中心に次のようなテーマを
選び,全員が興味を持てる内容とすることに心掛けた。これらの実験を通じて書物などから得た知識を実証してみることによって,化学についての興味が増し,理解がより
深くなることを期待している。


班別実験テーマ表 秋学期(前半)kagaku_files/chem_schedule2017f1.pdf

班別実験テーマ表 秋学期(後半)kagaku_files/chem_schedule2017f2.pdf
 

注意事項

1.化学実験を履修する上での注意事項
  予習は実験内容の理解を深めるだけではなく,安全上からも特に必要である。
  したがって,化学実験では予習不足の場合,実験を中止させ退室させることがある
  ので,予習を十分行い実験書の巻末にある予習レポートを必ず家で書いてくること。
  実験中は白衣,保護眼鏡を着用のこと。(保護眼鏡は実験室で用意してある。)

2.評価方法
  実験レポート,平常点,クイズ,予習レポートなどによる総合評価。

3.テキスト
  『自然科学実験 化学編』(「Safety Manual」)

4.補充実験について
  実験をやむを得ず欠席した場合,自然科学実験(物理学,化学)を通じて1回のみ
  補充実験を受けることが出来る。
  この場合各準備室に欠席届を提出し,所定の手続きが必要である。

※ 詳細は準備室で確認すること

•注意事項

•実験テーマ

実験テーマ

  1. 緩衝溶液 -pHと電離平衡,共通イオン効果-

  2. フェライト粉体の合成 -セラミック材料の製造-

  3. 酢酸エチルの合成 -有機液体化合物の合成,化学平衡-

  4. 反応熱 -熱化学-

  5. メタクリル樹脂の合成と性質 -高分子の合成と性質-

  6. 凝固点降下 -溶液の性質-

  7.エステルの加水分解 -反応速度-

Homeへ../kisokyoushitu/Top.html